【ゼミ 第7回:レポート】マンション住民の交流の場の企画方法

「マンション・コミュニティ・ゼミ」の第7回が2017年9月27日(水)19:00~、千代田区役所内の会議室にて開催されました。

今回のテーマは「マンション住民の交流の場の企画方法」。

前回までの内容を踏まえて、ゼミ生の方全員に交流の場について企画を考えて頂きました。

その中で出てきた意見を中心に、紹介させて頂きます。

■対話「これまでのゼミの振り返り」

まず最初に、今までのゼミの内容を振り返りつつ、参加者の方々に、コミュニティやイベントについて「気づいたこと」「良かったこと」「こうしたらもっと良いと思ったこと」「これからやりたいこと」について順番にお話いただきました。

その内容はそれぞれ、下記の通りです。

▼気付いたこと

  • 食のイベントは人が集まりやすい。
  • 今後は町会のPRが必要。(町会長さんの中には、住民の方が全員必ず、町会に入ってくれるものと思ってらっしゃる方が多い。)
  • お子さんに渡すお菓子と合わせてモチを入れ、モチの袋に町会紹介のチラシを入れると必ず親御さんにも届いて効果的。
  • イベントで町会参加を促すのは効果的。(先日、町会で秋祭りを開催した際に町会参加への案内をしたら、追加の参加者が。)
  • 町会長の方の話を聴くということ自体が貴重な機会と考える人もいる。
  • ボランティアセンターで学生を募集すると、最近は参加する人が多くなった。
  • 情報を欲しがる住民の方は多いけれど、その手段がない。マンション内の方にもアプローチできない。
  • 千代田区内でもエリアによって町会に対する参加意識が異なる。(町会に積極的な人の割合は少ない。)
  • マンション内でも地権者の方とそうでない方で差が発生する場合がある。地権者でない人の提案が通らないなど。
  • ご高齢の方の声を聴くと「寂しい」「わびしい」と仰る方が多い。(すがるものがない。配偶者にすがろうにも限界がある。)
  • 多くの日本の方は議論に慣れていない。(自己確立ができていないから質問をする人が少ない。議論の場を設けようにも難しい。)
  • 高齢者と学生で協力してボランティアなどに当たる時、ちゃんと正直に言い合える場を設けなければ上手く回らない。互いに遠慮してしまう。
  • 町会には入っているけれど、実際に参加できる時間が少ない人が多い。
  • 総会や町会は事業者の方の都合に合わせて特定の日に開催することが多い。
  • 育児世帯についてファミリーサポートなど支援して欲しい人と支援したい人の需給が合わない。需要が多すぎる。
  • 千代田区は特に社会福祉協議会を中心にファミリーサポートなど支援の仕組みが多いにも関わらず、知らない人が多い。
  • 社会福祉協議会の方に説明して頂いても、当事者の方に理解して頂けるとは限らない。ただ説明するだけでは難しい。
  • ファミリーサポートなどを利用するにしても、ボランティアの方の素性が分からないと不安がある。互いに詳細をすり合わせる必要がある。

▼良かったこと

  • 今まで町会でバス旅行の企画を続けてきたが、ゼミ参加者でご近所の方がいらっしゃったので、その方の意見を踏まえて調整して良い形に持っていけそう。

▼こうしたらもっと良いと思ったこと

  • イベント参加者を上手くコミュニティに引き寄せられれば。
  • まず最初はコミュニティを広げることから。その後、実際に地域課題の解決に動いていければ。
  • 生活圏内のイベント情報について集約する場所(マンション内でも)を設ければ良いかもしれない。スタンプラリー方式で確認した人はスタンプを押すなど。
  • マンション住民の方については町会とは別の相互扶助的な団体を作った方が良いかもしれない。
  • ファミリーサポートを複数人の友達で一緒にやって、何人かのお子さんを担当してもらうと良いかも。

▼これからやりたいこと

  • ご両親のOKが出るような、地域のことを知ることができるイベント。
  • 気軽にお茶を飲むくらいのイベント(あくまで交流する目的の場が設けられれば良い)
  • 共働きの人でも参加できるようなイベント。(共働きだと町会のイベントにも参加しにくい)
  • 日曜や祝日など児童館が開いていない時に自己紹介タイムを合わせた交流イベント。(保活によって生まれる分断を解消したい)
  • ファミリーサポートなど支援の仕組みを知るためのイベント。
  • 当事者の方の課題を動画などにまとめて区議会議員の方や社会福祉協議会の方に共有する会。
  • 「ちよだ学」などに参画する大学と共に町の歴史や地域の課題を見学する会。
  • 「ちよとも」の地域版。
  • 新しい防災マップを作る会。
  • 「老い」や「死」を哲学的に考える勉強会。
  • 在宅医療について知る勉強会。
  • 「こまりごと24」など地域の高齢者の方をサポートする方法を知る勉強会。
  • ファミリーサポートをやりたい人とお願いしたい人との交流イベント。(ファミリーサポートの詳細の説明も合わせて)
  • 千代田区内で引っ越したい人向けの説明会。
  • 単身世帯向けのウォーキング×スタンプラリーイベント。(大学の専門家の方や地域で詳しい方が良い歩き方から教える)

■ワーク「マンション住民の交流の場を企画しよう」

対話で多くの意見が出てきたので、その流れで引き続きワークに移りました。

既に、いくつか出して頂いた「これからやりたいこと」の中からいくつかを選び、それぞれについてゼミ生の方同士でチームを組んで頂くという流れで進行し、下記の3つに集約しました。

  • 千代田区内の子育て世帯向けサービス(ファミリーサポートやあい・ぽーとなど)の支援する側と支援される側の地域交流イベント×2箇所
  • 地元の大学や、まちあるき専門家などと共同での地元のまちあるきイベント
  • 千代田区で楽しく友達づくりするイベント「ちよとも」の地域版

今回、ご欠席された方もいらっしゃったので、後ほど補講という形で「これからやりたいこと」についてヒアリングします。

会の最後に今後の流れについてゼミ進行役の広石よりお話させて頂きました。

次回、第8回は10/18(水)に開催。
テーマは「マンション住民の交流の場の準備・広報の手法」です。

第8回で最終的な企画まで固めて頂き、それ以降、ゼミ生を中心チームに分かれ、それぞれが開催して頂くという流れになります。

※成果発表して頂く最終回は2月に開催予定でしたが、各企画の進行具合で変更させて頂きます。

以上で、第7回「マンション住民の交流の場の企画方法」のレポートは終わります。