千代田の魅力・可能性って?~法政大生による報告会+実践者との交流会

身近な場所で活動する人たちの思いを知り、実践者と出会う交流会 参加者募集中!

2019年10月30日(水) 19:00~21:30

会場:法政大学 ボアソナードタワー26F 会議室

この夏、法政大学の学生たちがまちづくりの実習を行いました。

参加型まちづくりの専門家である杉崎和久教授(法政大学大学院公共政策研究科)のコーディネートにより、千代田の8つのテーマで活動を実践している人の話を聞くことを通して、まちづくりの全体像を把握するものです。
インタビューを通して、地域には多様な活動があり、その思いが地域を支えていることを学生は体験から学びました。

今回のラボライブでは、千代田区を多面的かつ現場の声に基づく調査の報告を聴き、調査に協力いただいた方も交えて交流会を行います。
地域を総合的に理解するとは? 地域活動が地域を支えるとは? 千代田の新しい可能性とは? 調査報告と交流を通して、みなさんで考えたいと思います。

会場は法政大学のボナソタワー 26階の会議室。千代田区や都内を一望できます。

千代田区をより深く理解し、どのような可能性があるか、共に考えましょう!

  • 自分の住む町、通う町である千代田についてもっと知りたい方
  • 地域で何かできたらと思いながら、ヒントを探している方
  • 分野・世代を超えて実践者同士で出会い、千代田についての情報共有や意見交換をしたい方

1)法政大学の学生による調査報告

2)地域を理解するとは?
杉崎和久教授(法政大)×広石拓司(ちよラボ事務局)

3)千代田への理解を深めるグループトーク&交流会
(学生、活動実践者、参加者の交流の場)

2019年10月30日(水) 19:00~21:30(18:30開場)

会場:法政大学ボアソナードタワー26F会議室 (千代田区富士見2-17-1)

大学までのアクセスキャンパスマップ

対象:千代田区在勤・在勤・在学の方、地域活動に興味のある方

参加費:無料

主催:千代田区コミュニティ総務課
共 催:ちよだコミュニティラボ * 法政大学「現代政策学特講Ⅰ」(杉崎和久先生)

<新旧住民などの交流>
文人通りギャラリーカフェ(カフェアマルフィ)
錦町三丁目第一町会
都市在宅とまちづくり研究会

<商業者主体のまちの活性化>
東神田meetup
神保町古書店街
神田スポーツ店連絡協議会

<多様な人たちのつながりづくり>
あるまっぷ(半蔵門/麹町)
海老原商店を活かす会
ちよとも
ちよだ100人カイギ

<地域の魅力を高める活動>
まちみらい千代田
海老原商店を活かす会
神田プロレス

<高齢者・障害者の居場所づくり>
ドレミの丘
ふれあいサロン神田
MOFCA
千代田区社会福祉協議会

<災害時に備えた企業と住民の連携>
都市防災研究所
日建設計
飯田町町会

<インバウンド対応>
おもてなしランナーズ協会
千代田区観光協会
庭のホテル東京

<生物多様性推進>
千代田区環境政策課
三井住友海上
三菱地所

<まちづくり全般>
秋葉原タウンマネジメント会社
⼤丸有エリアマネジメント協会
お茶ナビゲート

※複数のテーマにまたがる団体もあります

ラボライブ!コンセプトビデオ
(19年3月版)

法政大学の学生の実習(地域インタビュー)の様子

参加申込 受付中!

参加いただける方は、下記のフォームより、ご登録をお願いします。
(外部サイト「フォームメーラー」が立ち上がります)

その際、下記の内容へのご承諾をお願いします。

  1. 本プログラムの趣旨を理解し、事務局や実行委員の運営に協力します。
  2. 個人情報については、ちよだコミュニティラボ運営ポリシーに則り、本プログラムの運営にのみ利用することを了承します。
  3. 本プログラムの申し込み、運営にあたって虚偽の申告はしていません。

ちよ活ゼミ~コミュニティキャリアを始めよう! 19年11月スタート!

千代田区に住む・通うなら、千代田をもっと知り、千代田で何か始めたい方のために、千代田での活動(=ちよ活)を応援するプログラムがスタートします。
地域で活動する多彩な人に出会ったり、地域の歴史や社会資源を調べたり、活動を手伝ったりすることを通して、身近な場所の仲間を増やし、自分にとってのコミュニティの経験値を高めていくプログラムです。千代田には多彩な人も社会資源も地域での活動もあり、新しい自分の可能性や自分にあう場を見つけられるでしょう。ビジネス、学び、子育てなどの経験に「コミュニティ」も加えてみませんか?
*19年11月~20年3月、全12回(単独参加も可能です)